2017年06月12日

味の出し方

週末の土曜日に大阪の天満天神繁盛亭に落語を聞きに行ってきました。

繁盛亭に落語を聞きに行ったのは2度目ですが、いつも驚くのは噺家さんと
客との距離感の近さ。たった9列しかありません。
どうせなら前の方と、私は前から2列目。
ここなら舞台縁から2メートルほど、噺家さんからは3メートルくらいしか
距離がありません。

普通に話をしても聞こえる距離ですが、噺家さんの声の大きさ、張りは
これぞライブ。噺家さんと客との真剣勝負です。
休憩をはさんで約3時間の公演が終わった時には笑いと真剣に聞き入った
ためか、全身に汗をかいてしまいました。

3時間の公演には10人の噺家さん、芸人さんが出演するのですが、当然
それぞれに話し方、間の取り方に持ち味があって飽きることがありません。
中には、「変な間やな〜、大丈夫か??」と思わせる噺家さんもおりましたが
それはそれで特徴なんでしょうね。公演が終わってからもその噺家さんの名前は
覚えてましたから。

ちょっと変わったとこがあっても、それを続けてたら味になって覚えてもらえる
ってことですね。商品作りも変わったことを続けていかないと覚えてもらえませんね。
(もちろん、まじめに取り組むことも必要です)










posted by しゃちょう at 10:23| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: